投稿日:2024年4月19日/更新日:2024年4月19日

言葉の理解力が弱いかもって思ったら「見える化」を意識してみよう

見える化

 

私の子どもは、言葉で話した内容の理解力が乏しいのか、伝えた内容どおり動いてくれないのです。何か良い方法はありませんか。

 

こんにちは、フォレストキッズ川崎教室です。

 

今回は、上に書かれたようなお悩みを持つ保護者様向けにブログを書きたいと思います。

 

お子さまが伝えた内容どおり動いてくれない場合は、言葉の理解力が成長していない場合と視覚優位の特性をもつ場合が考えられます。

 

視覚優位の特性とは、耳で聞くよりも眼で見るほうが認識しやすい特長があります。

 

視覚優位の特性を持つお子さまには、絵や写真などの視覚情報を使ったコミュニケーション=見える化が有効と言われています。

 

見える化の一例

  • ・その日の予定をイラストにして、予定順に並べる。
  • ・物の場所がわかるように入れ物に写真や文字を貼る。
  • ・要求や気持ちをイラストを使って伝える。などなど…。

 

見える化のメリット

 

 

①「わかる」から安心!

何を求められているのかが分かることで不安感が軽減され、落ち着いて過ごせます😊絵の具の例にもあったように「わかる」「できる」が増えて自信や達成感にもなります✨

 

②コミュニケーションの喜びに繋げる。

言葉のコミュニケーションが苦手な子は、思いをうまく伝えられないことから他人と関係を築くことに消極的になりがちです。
イラストや写真を使うことにより、相手の言いたいことを理解して自分の気持ちを伝えられるようになると人と関わる意欲に繋がります😊

 

 

③言葉の発達が促される

絵カードなどを使用する際には、言葉を添えることで子どもの語彙を増やすことへも繋がります。

 

 

④みんなが分かる

情報を「見える化」することで誰にとっても【わかりやすく】、より行動しやすいものとなります!

 

 

 

フォレストキッズ川崎教室の取り組み

当日の支援内容をホワイトボードに貼ったり、絵の具をどのくらい出せば良いかが分かるようにトレイに印をつけ、「印が消えるまで絵の具を出してね」と目印にしています。(「このくらい」の力加減がわかることで固有覚の訓練にも繋がっていますよ✨)
 
 
本日のブログは以上です。
 
まずはお子さまが何に困っているのかを探り、それに合わせた方法で適切に環境を整えていきましょう🙌

この「見える化」は「構造化」とも呼ばれ、苦手なことを得意なことで補えるようにする支援の1つです。

フォレストキッズ川崎教室では、このような支援を行うことでお子様のできることを増やしていくことを目指しています。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

 

施設概要

 

施設名 フォレストキッズ川崎教室
事業形態 児童発達支援事業
所在地 神奈川県川崎市幸区南幸町2-19
アクセス 川崎駅徒歩6分
電話番号

044-742-8622

対象児童 未就学児
定員 10名
受付時間 10時00分~18時00分
開園曜日 火・水・木・金・土
料金 自治体が定めた利用料
運営 株式会社城南ナーサリー

LINEで問い合わせる

 


 

よくある質問

 

よくいただく質問と回答を記載しております。質問を選択(タップ)すると、回答が開きます。下記以外で確認したいことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。


顧問の撹上雅彦(かくあげまさひこ)が発達障害を抱える息子への想いをきっかけに、設立した児童発達支援施設であり、すでに全国には10か所の教室(関西・東海・千葉)があります。(2023年4月現在)


未就学児(1歳半~6歳まで)を対象としています。


営業日は火曜日~土曜日の5日間で、日月は休業日となります。営業時間は9:30~18:30です。

※支援時間は10:00~18:00(12:00~13:00は除く)の間に提供させていただきます。


支援時間は基本【1コマ60分】、個別支援となります。


支援内容は以下を基本の3本柱とし、お子様一人ひとりが過ごしやすい環境設定を行っていきます。

1.身体的技能の獲得(感覚統合)
2.知識の習得(学習支援)
3.社会性の習得(SST)


「預かり中心」の児童発達支援とは異なります。通所施設ですので、教室までお子様と一緒に来校ください。

教室には、待合スペースをご用意しておりますので、マジックミラー越しにお子様の支援を見学していただくことができます。

お子様の状況に合わせて、一旦外出され、支援終了時刻5分前にお迎えにお越しいただくことも可能です。


世帯の収入状況に応じて月々の上限額が異なりますが、3-5歳児は無償化対象になります。お住まいの自治体によって定められていますので、面談時に詳しくご説明させていただきます。


いいえ。 お子さまの課題によって、施設が「合う・合わない」があると思います。

『この施設なら通いたい』と感じましたら、見学後利用(契約)していただければと考えております。


通所受給者証は「障害児通所支援」という福祉サービスを利用するために、お住まいの市区町村から交付される証明書です。

療育手帳とは別のものになります。 フォレストキッズ(児童発達支援事業)をご利用になる場合は、この通所受給者証の取得が必要となります。

詳しくはお住まいの自治体にお問い合わせください。


一般的には「評価」「査定」として用いられることが多い用語ですが、障害福祉分野では療育マネジメントに先立って行われる第一段階における「評価」「査定」のことを指します。

今後どのような障害福祉サービスが必要なのか整理するためにおこないます。

具体的には、個別支援計画の作成の際に、今後の療育に必要な見通しや方針をたてるために行われます。

障害福祉サービス利用者が何を求めているのか正しく知り、能力や生活環境などを把握し、確認したうえで生活全般の課題(ニーズ)を抽出します。。

フォレストキッズでは、アセスメントに力を入れています。視覚認知、対人、言葉、感覚、発達段階等を細かく評価いたします。


フォレストキッズでは送迎を行っておりません。安全に通っていただくために、保護者様に送迎をお願いしております。

最寄り駅から徒歩10分以内にあり、近隣にコインパーキングもありますので、電車・お車での送迎も便利な場所となっております。


療育とは「治療」と「保育・教育」を合わせた言葉です。さまざまな障害のある子どもに対し、それぞれに合った治療・教育を行う場所のことを総合的に「療育センター」と呼んでいます。

はっきりとした定義がないため、児童発達支援事業所であるフォレストキッズも「療育センター」に分類される施設のひとつであるといえるでしょう。

フォレストキッズは、早期に必要な指導支援を受け、将来的な本人の負担を軽減するために、障害の有無に関わらず発達の遅れが気になるお子さまの利用も幅広く行うことが特徴です。

日常生活の自立支援や機能訓練をはじめ、遊びや学びの場を提供しています。


放課後デイサービスとは、6歳~18歳までの障害のあるお子さんや発達に特性のあるお子さんが、放課後や夏休みなどの長期休暇に利用できる福祉サービスです。

フォレストキッズ川崎教室は預かり中心の児童発達支援とは異なり、個々に応じた介入教育を早期に提供することを目的とした、未就学児(1~6歳)対象の児童発達支援施設です。


個人によって様々な症状やその程度がありますが、次のような症状があげられます。

①「社会性と対人関係が苦手」、「言葉の遅れ」、「行動や興味の偏り」などの自閉症
②「落ち着きがない」、「集中力がない」などのADHD(注意欠如・多動性障害)
③「読み書きの習得が遅れている」、「文字を書くことが難しい」などの学習障害

※生まれつき脳の機能に偏りがあることで、上記以外のさまざまな特性があると言われています。 気になることやお困りごとが生じたら、早めに専門機関へ相談し、支援を受けられる状況を作ることが大切です。

 

 

 

 
  

 

   

見学希望やご不明な点等は、
メールフォームよりご相談ください

 

 

お問い合わせ後3営業日以内にご連絡いたします。
ささいなことでもお気軽にお問い合わせください。

 

    

 

電話で問い合わせをご希望の方は、右記番号(044-742-8662)をタップしてご連絡ください。

 

 

 


 

最新の記事

202404/19
見える化

言葉の理解力が弱いかもって思ったら「見える化」を意識してみよう

  私の子どもは、言葉で話した内容の理解力が乏しいのか、伝えた内容どおり動いてくれないのです。何か良い方法はありませんか。   こんにちは、フォレストキッズ川崎教室です。   今回は、上に書かれたようなお悩みを […]

202403/23
子ども 言葉かけ 大切なポイント 3つ

子どもに言葉をかける大切な3つのポイント|フォレストキッズ川崎教室

こんにちは、フォレストキッズ川崎教室です。   本日は、お子さまが困ったとき・戸惑ったときの有効な言葉かけをご紹介します。     お子さまの発達段階によっては、言われたことをうまく理解できずないことがあります。     […]

202403/04
フォレストキッズ川崎教室で使用している教材を紹介します。

教材紹介(スラックレール)|フォレストキッズ川崎教室

こんにちは、フォレストキッズ川崎教室です。   日に日に暖かい日が増えてまいりました。少しずつ春が近づいてきましたね♪   今回は教室で使用している教材(スラックレール)をご紹介します。 スラックレールの使い方 […]